MENU

アフターピルによる避妊

下にアフターピルのアイピルによるときの、日にちごと避妊成功率をまとめました。
・性行為上終日以内の服薬    95%上記
・性行為上25~48日にち以内の服薬  85%上記
・性行為上49~72日にち以内の服薬  58%上記

 

避妊失敗してしまった性行為によって日にちが経過すれば講じるほど、アフターピルの避妊効果は下がります。

 

※アフターピルのアイピルはノルレボのジェネリック薬で、低価格でノルレボ同効果のエマージェンシー避妊薬だ。

 

エラに関しましては、5日間まで効果が貫くアフターピルだ。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

アフターピルによる避妊の構造
アフターピルの行為には、プロゲステロン(黄体ホルモン)の行動がすごく関わっています。

 

プロゲステロンの行動は、排卵4週が経過するとエストロゲン少なくなって来るが、この時期にプロゲステロンが放散され、子宮に卵子が着フロアー行える状態にすることです。

 

そうして、プロゲステロンの分泌がなくなると共に月経が起こります。 こういう行動によるのがアフターピルだ。

 

アフターピルを服用したシーン、配合されているプロゲステロンが放出された時とおんなじ状態になり、プロゲステロンが無くなったところ月経が発生します。

 

アフターピルを服用する事で、日常服用してから3太陽程度で月経が発生します。

 

日常、セックスから妊娠するまでの歳月はウィーク~10太陽前後時間がかかります。

 

これは、卵子に精子が受精していたとして、受精卵が子宮まで移動して生じる日にちだ。

 

つまり、過日に月経が起こった場合は、受精卵の着フロアーを防ぐ事が取れるという構造で、アフターピルの避妊効果があるのです。つまり、出血が避妊繁栄の信号にもなるのです。

 

しかし、アフターピルを服用したシーン、100パーセント避妊望めるというわけでは有りませんので注意が必要だ。

 

アフターピルを服薬上、年中月経が欠ける場合は、おめでたの確認が必要でしょう。

 

基本的には、アフターピル使用後には、出血の有る無い関わらず、おめでた診察が必要でしょう。

 

ピル通販TOPへ