MENU

妊娠のメカニックス

受胎の枠組み
受胎の枠組みを皆さんは細かくご存じでしょうか。生徒の時に保健体育の教科で勉強した事はあると思いますが、条目まで覚えていないといったほうがほとんどではないでしょうか。

 

では、細かく受胎の組織を解説していきましょう。

 

受胎は?
ほとんど、受胎は激しく別けて、下記の枠組みがあります。
①卵子の排卵が起こる
②卵子に精子が受精始める
③受精卵が子宮心理膜へ着床講じる
受精卵が子宮心理膜へ着床すると、受胎した病状として、着床した受精卵がだんだん発育し、胎児として成長するため、幼児のお産へってつながっていきます。

 

卵子の排卵
妻の子宮内には、形成に分かれて2業者、卵巣があります。卵巣の中では、複数の卵胞と呼ばれる細胞があり、卵胞がひとつが成長すると卵子になるわけです。

 

卵子として成就した下、卵巣の外へ成熟した卵子が放出され、卵管采と呼ばれる場所に届けられます。

 

これを、排卵と言います。こういう排卵は、月に1度のペースで行なわれ、排卵された卵子が、卵管采で活動できる機能時間は約終日だ。

 

※ピルを服用している年月は受胎中に間近い病状となる結果、排卵が行なわれなくなります。

 

セックスによる精子の射精
父親の睾丸内にいる精巣の中では、1日に約5000万~頻度億個の精子が生まれていらっしゃる。セックスを通じて、父親の性器から妻の腟内へ射精が行なわれると、精子は卵管に向かいます。

 

父親の条件にもよりますが、日常1度の射精では1億~4億個という精子が精液の中で活動してあり、精子の機能時間は3日~5日状況になります。

 

実に、卵管に向かった精子はその殆どである約99パーセントが途中で力尽きてしまいます。残りの1パーセントが、様々な大変を乗り越えて卵管へという近付くのです。その数は約200個状況まで減少していらっしゃる。

 

精子という卵子が合体する事で起きる受精
卵管で実例するどく卵子という精子が合体する事が取れると、受精卵となります。

 

基本的には、1個の卵子には1個の精子しか受精出来ない結果、先ず、受精卵となった場合は、他の精子が入らないように受精膜を作り出し、細胞分離を開始しながら卵管を子宮へと向かって進んでいきます。

 

受精卵の子宮心理膜への着床
受精卵は細胞分離を繰り返しながら、子宮へって向かって来るが、到着するまでには日常7日~10日程度の日数を要します。

 

子宮へたどり着いた受精卵は、子宮心理膜へ到着するといったママと合体します。これを着床という済む、受精卵が着床した時点で受胎という医療になります。

 

子宮外へ着床才能てしまった場合は、子宮外側受胎となってしまう。

 

妊娠する為に必要な受精確率って着床確率
まとめると、精子の機能年月は3日~5日間について、卵子の大事は約毎日だ。基本的には排卵日は月に1日になるので、その排卵日によってセックスをする必要があります。

 

排卵日にセックスを通じて、受精卵が出来る百分率は、約10パーセント~20パーセント状況と言われています。

 

そこから、受精卵が子宮心理膜へ着床始める百分率は、約20パーセント~30パーセント状況と言われています。

 

これを、確率で表すと、排卵日に実例可愛らしくセックスを通して腟内射精を行なった場合、「2パーセント~6パーセント」滞り、「約16.6回~50回に1回」といったのが妊娠する百分率だ。

 

以上の部分からも、基本体温を図り排卵日を把握しておく事で、受胎に対しても避妊に対しても、回答が取り易くなるのでやけに要所なのです。

 

ピル通販TOPへ